単位互換制度

単位互換制度

他大学の専門分野の授業を学ぶ

加盟大学の学生は他大学の専門生の高いTAC開講科目を履修することができます。
修得した単位は在籍大学の卒業単位として認定されます。

国際基督教大学

人文科学、社会科学、自然科学とリベラルアーツ大学ならではの幅広い科目を履修できます。

大学サイトへ

植物生理学、物理化学、有機化学、西洋史(イギリス)、数値解析入門、社会言語学、日本文学史など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

国立音楽大学

グレゴリオ聖歌から楽曲分析、コンピュータ音楽まで、専門科目を幅広く受講可能です。

大学サイトへ

演奏論、グレゴリオ聖歌、アジア音楽史、日本音楽、現代音楽研究、オペラ史、楽曲分析、リトミックなど。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

武蔵野美術大学

美術大学ならではの専門分野である美術史などが履修できます。

大学サイトへ

東京経済大学

経済、経営、コミュニケーション、現代法の4学部の専門科目や教養科目など。

大学サイトへ

流通史、マーケティング論、組織コミュニケーション論、広告論、基本消費者取引法、高齢者福祉と法 など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

東京外国語大学

国立大学唯一の「外国語」大学である強みを活かし、本学で「しか」学べない言語も履修できます。

大学サイトへ

アラビア語、チェコ語、ロシア語、ベンガル語、ビルマ語、スワヒリ語、アムハラ語、沖縄語、日本手話など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

津田塾大学

人文・社会科学、数学・情報科学の授業を少人数で受講できます。女性問題等の授業が多いのも特長。

大学サイトへ

イギリス文化概論、総合政策概論、確率統計入門、プログラミング入門、地域政策論、女性のキャリア開発など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

単位互換制度の利用方法

授業の選択

加盟大学の授業内容を見て、履修したい科目を見つけます。

申請書の提出

所属する大学の履修窓口で「TAC単位互換申請書」を受け取り、必要事項を記入後、受入先の大学へ申請書を提出してください。

※履修条件等の詳細は各大学の履修窓口へお問い合わせください。

履修生証の取得

受講許可後、受入大学の窓口に写真を持参し「TAC単位互換履修生証」を受け取ってください。

授業を受ける

開講される日時に加盟大学のキャンパスに行き、授業を受けてください。

※加盟大学の図書館も利用できるようになります。

利用学生の声

私は元々楽器を演奏するのが好きで、純粋に「音大に通ってみたい」という憧れがありました。音大の授業も受講できるTACの単位互換制度は、大学入学当初からずっと気になっていました。

3年生になり授業に余裕が出てきたので、国立音楽大学の「管弦楽史A」を受講しました。音楽好きとは言えど、オーケストラやクラシック曲についての知識は薄かったため、これを機に学んでみようと受講しました。作曲家や楽曲についてはもちろん、編成の移り変わりや楽器にまつわる豆知識など、音大ならではのマニアックな話を聞くことができて楽しかったです。また大学内では様々な楽器の音色や歌声が聞こえてきて、美大とは全く違う空気感を味わえたのも新鮮でした。

他大学へ実際に行って授業を受けることは、とても良い刺激になります。新鮮な気持ちで自分の興味をより専門的に深められ、視野も広がります。少しでも気になったら是非この単位互換制度を利用してみてください。