単位互換制度

単位互換制度

他大学の専門分野の授業を学ぶ

加盟大学の学生は他大学の専門生の高いTAC開講科目を履修することができます。
修得した単位は在籍大学の卒業単位として認定されます。

国際基督教大学

人文科学、社会科学、自然科学とリベラルアーツ大学ならではの幅広い科目を履修できます。

大学サイトへ

植物生理学、物理化学、有機化学、西洋史(イギリス)、数値解析入門、社会言語学、日本文学史など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

国立音楽大学

グレゴリオ聖歌から楽曲分析、コンピュータ音楽まで、専門科目を幅広く受講可能です。

大学サイトへ

演奏論、グレゴリオ聖歌、アジア音楽史、日本音楽、現代音楽研究、オペラ史、楽曲分析、リトミックなど。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

武蔵野美術大学

美術大学ならではの専門分野である美術史などが履修できます。

大学サイトへ

東京経済大学

経済、経営、コミュニケーション、現代法の4学部の専門科目や教養科目など。

大学サイトへ

流通史、マーケティング論、組織コミュニケーション論、広告論、基本消費者取引法、高齢者福祉と法 など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

東京外国語大学

国立大学唯一の「外国語」大学である強みを活かし、本学で「しか」学べない言語も履修できます。

大学サイトへ

アラビア語、チェコ語、ロシア語、ベンガル語、ビルマ語、スワヒリ語、アムハラ語、沖縄語、日本手話など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

津田塾大学

人文・社会科学、数学・情報科学の授業を少人数で受講できます。女性問題等の授業が多いのも特長。

大学サイトへ

イギリス文化概論、総合政策概論、確率統計入門、プログラミング入門、地域政策論、女性のキャリア開発など。

履修スケジュールと全ての開講科目を見る

単位互換制度の利用方法

授業の選択

加盟大学の「開講科目一覧」や「シラバス」で履修したい科目を見つけます。

申請書の提出

所属大学の案内に従い「TAC単位互換申請書」(エクセル版)をダウンロードし、入力作成の上、受入大学および所属大学(CC)に添付し送信してください。

※その他、提出時の注意事項は「TAC単位互換履修生(加盟6大学履修案内)」の「Ⅱ.TAC単位互換履修生の申請手続きについて」をご確認ください。

履修生証の取得

受講許可後、受入大学の「TAC単位互換履修生証」が発行されます。

※受入大学の図書館を利用できるようになります。

授業を受ける

対面授業の場合、開講される日時に受入大学のキャンパスに行き、授業を受けてください。遠隔授業の場合は、自宅等でオンライン受講をしてください。

利用学生の声

~大好きな音楽に学びとして向き合う~

私は、歌を聴いたり歌ったりすることがとても好きで、TACの単位互換制度を知り「大好きな音楽と学問として向き合う経験をしてみたい」と心引かれました。そこで、2年次、3年次と国立音楽大学の講義を受講させていただきました。

2年次は、「ポピュラー音楽研究D」を受講いたしました。ポピュラー音楽の社会的意義や影響について考える授業で、路上ライブと法律との関係等、自身の専攻分野とのつながりも発見でき興味深かったです。また、キャンパスのあちらこちらから生の音楽が聴こえてきますのでまさに至福のひと時でした。

3年次には、「日本音楽(近世邦楽)A」を受講いたしました。コロナ禍でキャンパスへ足を運ぶことは叶いませんでしたが、資料で江戸から続く伝統音楽の歴史を辿り、YouTubeやCDで実際の音楽に触れ、芝居見物をしてはしゃぐ江戸っ子たちの様子が目に浮かぶような授業内容でした。

どちらの学びの時間も、自身の経験や感性を大事に、法学にいそしむ際とは異なる思考の巡らし方をできる事が新鮮で楽しかったです。世界観が広がり、大学生活も充実しますので、ぜひ皆さんにこちらの制度の利用をおすすめしたいです。